×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乎那の峯(おなのみね)

 

2006年2月25日(土)に、浜松市三ヶ日町の乎那の峯(おなのみね)へマンサクを見に行ってきました。
先週の日曜日にマンサクまつりがおこなわれました。
行きそびれて、今日行ってきましたが、咲いている木はほんの数本、がっかりです。
白梅が咲いていました。
万葉の植物が沢山あり、歌と一緒に説明版があります。
また、ここには、三ケ日桜という、ソメイヨシノより4,5日開花が遅い八重の桜があります。



乎那の峯 まんさく   乎那の峯 まんさく

これがマンサクの花です。


乎那の峯 まんさく   乎那の峯 白梅

左 マンサク、  右 白梅


乎那の峯 浜名湖

下の写真の休憩所から見える景色です。
猪鼻湖の綺麗な眺め、眼下に見えるのは、レークサイドプラザホテルでしょう。


乎那の峯 休憩所   乎那の峯 遊歩道

休憩所、ここでゆっくりと浜名湖を眺めましょう。
昨日は、雨だったので、遊歩道は、すべりやすくて怖かったですよ。


乎那の峯 歌碑   乎那の峯 歌碑

万葉歌碑がありますが、どちらも同じ歌です。
花散らふ この向つ峯の 乎那の峯の ひじにつくまで 君が齢かも

口語訳  花が散っている。この向かいの峯の尾奈の峯が時を経て低くなって
湖の洲(現在のホテルのある地域)につかるように長く、
あなたのお命がつづいて欲しいことよ。


乎那の峯 和歌   乎那の峯 和歌

万葉集に歌われた歌が一緒につけてあります。





乎那の峯(おなのみね)と言う名前は、
万葉集に歌われたところからつけられたようですが、
マンサクが咲くこの場所は、三ヶ日町鵺代(ぬえしろ)というところです。
ここのマンサクは、自生地としては南限になるそうです。


アクセスがわかりにくいところですが、下の地図を参照して、
301号線からガソリンスタンドを右折(または左折)、
天浜線の踏切を渡って、「オレンジハウス」を左折して、
暫く行くと左側に駐車場があります。
場所としては、天竜浜名湖鉄道「奥浜名湖駅」の裏山になります。


乎那の峯(おなのみね)地図

乎那の峯(おなのみね)・・・この場所は個人の所有地です。
マンサク落葉小高木、2〜3月頃黄色の花が咲く
早春に「まず咲く」ので、「マンサク」の名がついたと言う説がある。
静岡県天然記念物鵺代のマンサク群落
三ヶ日町史跡万葉遺跡 乎那の峯(おなのみね)

花散らふ この向つ峯の 乎那の峯の
   ひじにつくまで 君が齢かも


中日新聞 鵺代のマンサク群落

戻る
* 歳時記