×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はまぼう公園


     2004年7月13日に、福田町の太田川河口にある、はまぼう公園へ行ってきました。

     両岸に150本余りが自生する、遠州灘では唯一の群落。
     幹の太さでは、わが国最大のものといわれている。
     春の芽吹き、秋の紅葉、冬の裸木と風情があり、ことに夏の開花はみごとです。
     色鮮やかな黄の花びらははるか南国へロマンを誘います。
     「静岡県の自然百選」このハマボウは、ぜひ保存したい貴重な群落です。

     学名 シーボルトとツッカニーニの2人により命名
        Hibiscus Hamabo Sieb et Zuc

     黄槿、別名 ハマツバキ。
     熱帯性の海浜植物でアオイ科に属する落葉樹。
     フヨウ、ムクゲ、ハイビスカスも同類です。

              ・・・・・ 公園内看板より ・・・・・



はまぼう公園 

はまぼう公園  はまぼう公園

ハマボウの木は、背が高いので、群落の中も自由に歩けるようになっていました。
この木を見てもわかるように、古い木なんですね。

はまぼう公園  はまぼう公園

左に見えるのは太田川、すぐに遠州灘となります。

はまぼう公園  はまぼう公園

はまぼう公園の説明が こちら に あります。

戻る
* 歳時記